水回りリフォーム

キッチン・お風呂・トイレ・洗面所といった水回りは毎日使う場所なので、傷みや汚れが目に付きやすい部分。
また、施工から15年以上経っている場合は、土台や下地材の腐食が進んでいる可能性があります。
最新の水回り設備は、お手入れがしやすく、機能性にも優れたものが多数!
省エネ機能も搭載しているので、古いものから新しいものに入れ替えるだけでコストの削減にもつながります。
各種メーカー取り扱い可能ですので、お好みの設備をお選びください。

■ キッチン

キッチンは、15年を過ぎた頃から様々なトラブルが発生します。
耐久年数は一般的に15年~20年と言われているため、問題が起き始めたら設備の入れ替えを検討しましょう。
最新のキッチンは、デザイン・機能共に非常に優れていますが、お住まいの環境やライフスタイルによって向き・不向きがございます。じっくりと検討しましょう。

◎ポイント
・使いやすいキッチン台の高さは【身長÷2+5cm】
・使いやすいウォールキャビネットの高さは【床から145cm】がベスト
・ライフスタイルや要望に合わせて型を決める(I型・L型・対面型など)

■ お風呂

「まだ使えるから大丈夫」そう思って、シャワーの不調や給湯器の不調を無視していませんか?
お風呂は私たちにとって、疲れを癒す大切な空間。不調を放置していると、突然水がでなくなった!なんてことも…。
また、お風呂が寒い、滑りやすいといった問題も、そのままにしておくのは良くありません。
誰もが安心して入浴を楽しめるように、快適性と安全性を追求したお風呂リフォームをご提供いたします。

◎例えばこんなリフォーム
・面積の拡張・日のあたりの良い場所へ移動
・汚れが落ちやすい浴槽や水はけの良い床材壁材でお手入れラクラク
・体への負担を軽減・安全性の向上(手すりを設置・防滑・速乾の床材・浴室暖房乾燥機など)

■ トイレ

水回りの中でも、特にお手入れが大変なのがトイレではないでしょうか?
最近では“少しでもお手入れを簡単にしたい!”という皆様のご希望に沿ったトイレが多数発売されています。
中でも、自動洗浄付きトイレやフチレスタイプは大人気。
他にも数多くのタイプがありますので、お手入れのしやすさや快適性、デザインなど優先順位を決めて選ぶと失敗がないでしょう。

◎ポイント
・リフォームの目的や優先事項を明確に(節水目的・デザイン性のUP・機能性の向上など)
・フチレスタイプや自動洗浄機能でお手入れラクラク

■ 洗面所

洗面台は洗面ボールが広く、水栓が伸びるタイプが人気です◎
また、様々な用途で使用される洗面所は、小物が混在しやすいため、内部収納のある洗面台を選ぶとスッキリと見せることができます。

◎例えばこんなリフォーム
・小物がスッキリしまえる大容量洗面台へ
・湿気に強いクッションフロアとクロスを張り替えて機能性UP
・デッドスペースに収納棚を設置

一覧ページに戻る